■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.063 剣桂の伝説

【あらすじ】

甲子街道の馬立にある桂の木の辺りは鬼門と呼ばれ、化け物が出ると恐がられていた。ある日、弥助とツネという旅の夫婦がその場所で鬼神に襲われ、ツネがさらわれてしまった。鬼神に投げ飛ばされてしまった弥助は、鬼神退治の松平定信一行に出会い、事情を話した。定信は鬼神に果敢に勝負を挑んでツネを助け出し、鬼神を追い詰めると桂の木に封じ込め、そこに剣を刺してとどめとした。その後、人々はこの木を「剣桂」と名づけたのだった。