■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.061 小坂子育て地蔵様のはなし

【あらすじ】

昔々、五兵衛が朝起きると、家の庭先にお地蔵様の姿があった。妻や村人に聞いたが、心当たりのある者は一人もいなかった。数日後、この村に住む若夫婦が病気の子供を助けて欲しいと五兵衛の家に飛び込んできた。そこでお地蔵様に必死でお願いすると、すぐに子供は回復した。若夫婦は大層感謝し、手彫りのお地蔵様をお納めした。それ以来、お地蔵様の数はどんどん増え、祭礼の時、子供たちが箱車にお乗せして引いて回るようになった。