■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.055 又右ェ門猫と西念坊

【あらすじ】

昔、又右ェ門という妻に先立たれた爺さんがいた。ある日、又右ェ門は道端で苦しむ老婆を連れて帰って介抱してやった。そして二人は一緒に暮らすようになった。村人の婆さんに対する悪い噂を一笑した又右ェ門だったが、ある晩出かけた婆さんの後をつけると、なんと婆さんの正体は又右ェ門の財産を狙う化け猫だった。通りがかりの西念坊という坊さんが化け猫退治に乗り出し、生杉の葉をいぶして、化け猫を追い出した。