■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.048 楢淵の話

【あらすじ】

昔々の表郷村の堀ノ内というところは、大きな川が曲がりくねりあちこちに深い淵ができていた。この淵は水害や干ばつをもたらし村人たちを苦しめていた。村人たちの間ではここに悩みを持った竜神が住み着いたという噂があった。村長が常在院の玄翁和尚に相談を持ちかけると、玄翁の前に難産に苦しむ女性が現われた。この女性の正体は竜神であった。玄翁が念仏によってお産を助けると、竜神はこの村に水害をもたらさないことを約束したのだった。