■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.041 降居姫伝説

【あらすじ】

神代の昔、天上に住む降居姫という娘の両親は、地上で炭焼きを生業としてまじめに働く平助という男の姿に惚れ込み、姫の婿に迎えようとする。姫は両親の言いつけを守り、このことを平助に告げ天へ昇る方法を教える。平助は美しい姫に惹かれ、天上へ昇ろうとするが一度失敗し、二度目に成功して天上で結ばれる。しかし二人の仲に嫉妬した両親が平助を目の敵にして、平助は天上を後にする。平助を追った姫は天の川で離ればなれになり一人鹿島の地に辿り着くのであった。