■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.039 観音様のご利益

【あらすじ】

昔、三島に吉兵衛というとても信心深い老人がいた。彼は愛犬を連れ遠く離れた立木観音に毎日願をかけに来ていた。吉兵衛は満願を迎えると、伊勢参りに出かけた。そしてそこで思い立ち、舟に飛び乗り四国の金毘羅様へと向かうのだが、途中舟が動かなくなり、船頭が「獲物を探しに来たサメだ」と言った。吉兵衛は危うくその餌食になりそうになる。しかし立木観音様を一心に祈ると舟は静かに動き出した。このとき、観音様の所に愛犬シロの姿があった。