■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.020 日の出松伝説

【あらすじ】

昔、あらぬ罪で遠方に流された父親を追って母親と安寿と厨子王の兄弟は、乳母の竹女を伴い旅に出た。が、道中親子は海賊にさらわれてしまう。その後を追った竹女は佐渡島でようやっと母親との再会を果たし、竹女の実家がある広野に向かう。しかし姉弟が死んだという噂を耳にし、奥方は帰らぬ人に…。のちに、松の木から白蛇が天に登るのを見て、その松を切ったところ血が流れ出たという。