■144話一覧へ戻る    ■前のお話へ    ■次のお話へ

No.014 歯形の栗

【あらすじ】

昔、浪江の町へ土地を求めてやってきた三人の家族。毎日一生懸命力を合わせて働き、幸せな日々が続いた。しかし娘のアキが病気で倒れ、最期のとき栗が食べたいと言った。その願いを叶えるべく雪の中、見つけた栗を一かじりして逝った。彼女の墓の栗の木から成る実には今も不思議と歯形がついている。